MRに転職する人は多くなっているのです|希望の職へレッツゴー

業務に関する事

作業スタッフ

知っておきたい事

現場監督の仕事に採用されたいと思うのであれば知っておきたい事が何点か有ります。それは業務内容の事や労働時間、給与等の待遇面等に関する事です。業務内容に関しては大きくは原価管理、安全管理、品質管理、環境管理に関する業務があります。原価管理とは予算や発注等の原価に関する業務を行い利益を得る為に必要な業務です。安全管理は工事を事故を起こさずに安全に進める為に安全設備の整備や工事関係者に対する安全指導等を行う等の業務です。品質管理は工事を行う事によって出来る建物等が健全で適切な品質となる為に使用材料や作業方法等の管理を行う業務です。環境管理は工事を行う際には騒音や振動等が発生しますので、これらの事が環境への悪影響を及ぼさないよう管理を行う業務です。現場監督として採用された際にはこれらの業務を行う事になります。

知識と技術

採用された後に現場監督の業務を行うためには身に付けておきたい知識と技術が有ります。前述しました現場監督の業務内容に関連する事ですが、原価管理を行う為には計算が出来なければなりません。粗利益や営業利益等の用語の知識も必要です。次に安全管理を行う為には安全に関する法律の知識を持っていなければなりません。そして危険な事を危険と感じ対応できる能力も必要です。品質管理を行う為には様々な知識が必要です。鉄筋工事で例えますと、鉄筋の材質に関する知識や最低必要なかぶり厚さ、定着長さに関するルール等を知っていなければなりません。環境管理を行う為には環境関連の法律の知識が必要となり、必要に応じて各種届出の手続きが必要となりますので、その知識が必要となります。これらの知識や技術は採用前に全てを習得していなくても採用には習得する必要があります。