MRに転職する人は多くなっているのです|希望の職へレッツゴー

出版業界へのチャレンジ

働く男性

未経験でも大丈夫

自分にあった仕事がしたくて転職を考える人も多いでしょう。今回は、編集関係の仕事についてです。編集関係だと、主に雑誌やウェブに掲載される記事の編集が主でしょう。編集関係の仕事に興味はあるけど、そんなことやったこともないし転職するには難しいのではないか、と思う人も多いかと思います。しかし、実際の求人を見てみればわかるように、案外未経験オーケーな企業がたくさんあるのです。つまり、一般的な日本語文章能力があれば誰でも求人に応募できるということ。特別な資格など持っていなくても、採用されることは十分にありえるのです。PCなど扱うので多少はPCが使えなくては困りますが、それさえ注意すれば編集への転職はそこまで構える必要がないのです。

様々なことをこなす

編集関係の仕事の特徴は、まず様々な仕事をこなすことがある、ということです。媒体の編集はもちろん、それに使う記事を自分で書いたり、デザインや配置を決めるのも全部考えてやっていくことも少なくありません。現状として、今編集の仕事をしている人は元ライターであったり、新聞記者であったり、そういった経歴をもっていることも多いです。ライター兼編集者を務める人はたくさんいます。自分がライターか編集どちらがよいか迷ってる人もひとまずこの職業についてみて、そして後から両方担当していくことが良いかもしれません。どちらにせよ、自分から何かを発信していくことが好きな人、チームで何かを作り上げることに達成感を感じる人はこの仕事の転職を考えてみると良いでしょう。